トレイルズ

読書の苦手な私が一年かけて読みました

アメリカのアパラチアントレイルを歩きながら「道」について考えを巡らす作者

「トレイル【道】」はどのように形成されて変化してきたか

アリやゾウなどの自然の生き物が作る道からはじまり

文明、時代とともに変わる道

トレイルを進む人たちの話

そして「道」生き物だけでなく、情報、人の生き方にも通じる

哲学、歴史、社会学的に思いを巡らす

自分もこの一年、旧街道、東海道五十七次と西国街道、山陽道を渡り継ぎ、東京から下関まで自分の足で進む中、共感できることが多々あり良い本でした

初、ふるさと納税

OSJ ONTAKE100 の エントリーを兼ね

ふるさと納税をしました

来年は トレイルラン100 km を目標にトレーニングを進めます

なかなか御嶽はエントリーが難しいのですが

今回は ふるさと納税で エントリーすることが可能だったので試してみました

しばらくエントリーレスで

走る気持ちが湧いてこなかったのですが

これで少しはやる気が湧いてきました

2020年は

振り返るにはまだ早いですが

ランニングについては エントリーした大会はすべて終了しました

コロナ禍でなかなか大会出場はなりませんでしたが

この環境の中で チャレンジした 日本橋 ~下関間のマラニック が一番のイベントとなりました

そして

先月の志賀高原エクストリームトレイルラン54キロの完走

先日の南伊豆町みちくさウルトラマラソン100キロ の完走

無事完走することができて何よりです

そしてそして気持ちは来年に

来年は今年優先エントリー権を得ている

八ヶ岳ウルトラマラソン

サロマ湖ウルトラマラソン

丹後ウルトラマラソン

この100 km ウルトラマラソンの3シリーズを走る事になります

そしてトレイルランもUTMFの出場権を得るために100 km クラスの 大会に出場し完走を目指します

スピードを問われるものではないのでマイペースで制限時間内に完走できれば良いのですが

レベル的にはやっぱり高い

自分自身成長していくことは良いのですが

たまにふと

なんでこんなことになってしまったんだろうと思う時がありますσ(^_^;

数年前までは100 km を走るなんて思いもしなかったのに なんだか不思議な気持ちです

お疲れ様食

10000kcal を使った翌日には バランスの良い食事を

エイド食もいろいろ 食べまくりましたが基本は栄養補給

カロリー補給が目的で決してバランスが良い食事とは言えません

走り終わった後はうどんとラーメンを食べていますがこれも炭水化物

そして翌日になるとバランスの良い食事が取りたくなりこんな感じです

ロボット並み

既に走っている最中から筋肉痛は発症し

走った後から痛みはどんどん増しています

立ち上がるのも座るのも一苦労です

明日の仕事大丈夫かな